TERIOSKIDとは

公式ページ   ⇒http://www.daihatsu.co.jp/
テリキ公式ページ⇒http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/terioskid/index.htm


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 2006-09-07時点

テリオスキッド(Terioskid)とは、ダイハツ工業が製造、販売しているSUVタイプの軽自動車である。同時進行で開発されていたテリオスの全長、全幅を軽規格内に収め、エンジンも660tに換装させて1998年に販売開始(但し、トヨタにはOEM供給していない)。ライバル車としてジムニー、パジェロミニがあるが唯一の5ドアボディとフルタイム4WDの設定により棲み分けされている。テリオスは既に販売を終了しているがこちらはまだ生産中である。全車ターボ付エンジン搭載でインタークーラー付と無しの2タイプがありボンネットにダクトの付いたモデルがインタークーラー付車両である。
CMには当初ラモス瑠偉が起用されていた。


[歴史]
* 1998年10月 新発売
* 2000年1月 一部改良。2WD車追加
* 2000年11月 マイナーチェンジ。フロント廻り変更。ボディ強化。
* 2002年1月 マイナーチェンジ。テリオスルキア追加。パワステが油圧式から電動式に変更。
* 2003年8月 一部改良。グレード数集約。
* 2005年10月 一部改良。グレード体系の見直し。
*2006年8月 マイナーチェンジ。内外装変更。グレード体系の見直し。エンジンをインタークーラー付に一本化。


[性能]
* エンジンは660cc直列3気筒DOHC。
1.EF-DET インタークーラー付。最高出力64馬力 
2.EF-DEM インタークーラー無。最高出力60馬力
* トランスミッションは5速フロアMTと4速フロアATの2タイプ。
* 駆動方式はFRとフルタイム4WDの2タイプ。


[車名の由来]
* 古代ギリシャ語で「願いを叶える」の意味。
* 英語で若者、子供の意味。


ネット社会では、テリオスキッドを略してテリキと呼ぶようです(^_^.)
最初はこの呼び名には違和感と抵抗がありましたが、もう慣れました(個人的にはナイトライダーに出てくるナイト2000をマイケル・ナイトが「キット」と呼んでいるので、「キット」あるいは「キットくん」と呼びたいですが)


詳しくは公式ページを見ていただくとして、自分なりの解釈をひとつ。
えー、DAIHATSUの車です。たしか大阪発動機からダイハツに、そしてDAIHATSUみたいです。本社と工場は大阪池田にあるらしいです。そこでテリキは生まれたんですねぇ。


実はテリオス(普通車)とテリオスキッド(軽)は兄弟です。というか、モロに車体フレームがほぼ一緒です。にゃぱはテリオス(普通車)には乗ったことは無いですが、外見を見る限りオーバーフェンダーにしてタイヤを太くし、リヤトランクを大型化してサイドに窓を取付け、エンジンを1.3リットルに変更しただけに見えます。
な・の・で、ある意味テリキは普通車の体格を持った軽自動車と言えるでしょう。
あの軽に見えない立派な体格と風格はそういう所から来てるのかもしれません。


しかし、その体格ゆえに重いです。スタートダッシュは割りと遅い部類に入るでしょう。総重量は約1トン近く、それを660ccの排気量でひっぱっています。なので全車ターボ付きになってます。タイプは2種類から選べます。
1.空気を取り入れるエアインテークがボンネット上に開いている、ハイパワー重視のEF-DET3気筒ターボ、インタークーラ付きエンジン

2.空気を取り入れるエアインテークがボンネット上に無い、マイルドな走りのEF-DEM3気筒ターボエンジン(インタークーラ無し)


実はにゃぱの実家にテリキがもう1台あります^^;;;;にゃぱが購入した後に仕事でしばらく実家に預けていたら母が気に入ってしまったらしく、前に乗ってたミラもだいぶガタが来てたので買ったらしいのです。ちなみに実家のはマイルドなEF-DEM後期型です。


で、スピードに乗ってしまえばそこからの加速や追い越しは割りとスムーズです。にゃぱは2つのエンジンタイプのどちらにも乗っていろいろ試しているので分かりますが、マイルドなEF-DEMのギアを1速落として走れば、ハイパワーなEF-DET程度にシャキシャキ加速して走れます。トルクは全然違うのでお話にならないかも。
「平地が多く、坂が無い地域で渋滞も多いし長距離も走らない」場合、あるいは「コストをできるだけ抑えたい」場合のみマイルドなEF-DEMがおすすめでしょう。


駆動方式がFRなのでハンドリングはナチュラルです。後ろから押される感じでUターンや右折からのダッシュ時に不安定になりにくいです。ただし雪道とかではアクセルを開けすぎるとリヤが流れます。4WDタイプは乗ったことないので分かません。


着座位置が比較的高く、見晴らしは非常に良いです(^^♪BeGoやRushに負けないはず。左下のアンダーミラーも使いやすくフロント左に設置するコーナーポールは不要なくらいです。ただリヤの両サイドはボディ面積が大きい為に死角が多くバックの際は特に左後ろには気を付けた方が良いでしょう。また、バックミラーは曲面鏡がオススメ。


まぁ以上な理由からかどうかは別として、にゃぱの住んでいる地域では割りとオバサマ達が乗っていらっしゃいます(^_^)



広告 [PR] ビジネスローン  バイク・車 お小遣い稼ぎ 訳あり 無料レンタルサーバー ブログ blog 中古車ディーラー